不動産の査定方法


家を高く売りたいと思っても、どのように行えばいいのか
ピンとこない方も多いのでしょう。

私の場合も親に相談され、とりあえず最初に気になった、
所有する不動産がどれくらいで売れるのか、
買い手がいるのか、ということから調べ始めました。

調べるといっても、間取りや地域などが同じような物件を
インターネットの不動産情報サイトや、
住宅情報誌、チラシなどで、所有している不動産の
だいたいの相場をつかむ事は出来るかもしれませんが、
一番確かな方法はその道のプロ(不動産会社)にまず聞いてみることです。

実際自分で調べるにしても、何もわからず、情報や知識はついてくるのですが、
それをどう生かしたらいいかなどがわからずじまいでした。

まずは売却のエキスパートである不動産仲介会社に査定を依頼してみましょう♪

査定方法には、実際の物件を見ることなく
近隣の売り出し事例や過去の成約取引事例、公示価格などをベースに
不動産の価格調査を行い、立地や市場から概算で見積もる「机上査定」という方法があります。

もう1つは現地の細かい調査を行い、物件の設備や内部の状態、インフラの整備状況、
土地の地形や前面道路の様子、日当たりや周辺施設など、
また加えて登記簿の権利関係や法規制なども調査したうえで、
より正確な査定額を見積もる「訪問査定」の2種類があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です